記事ページごとに何回アクセスが累積しているか

以前は、8月22日の記事に
今日現在、25件のアクセスが
累積しています、というのが
確認できたのですが
今はどのようにしたら
これが確認できるのですか?

当方パソコンの専門教育は
受けておりませんし
ド素人にもできる方法が
あるのですか?

ブログ気持ち玉がせめて表示されれば
少し「励み」になると思います。
0

畑のトウモロコシが喰われた

今年、初めて、トウモロコシ苗を購入し
たのですが、店頭で日数の経過した苗は
やはりうまくいかず、種をあらためて
まいて育てました。

畑の土に野菜用堆肥と緩効性肥料を
混ぜ、6月17日に播種し、順調に生育し、
8月11日にデナポンを散布しました。
株数で10本、実は12~14本ぐらいです。

デナポンというのはトウモロコシの
害虫を予防する農薬です。
収穫の21日前までに散布する、
ということなので、日数を数えると
9月1日ごろ収穫しようと思っていました。
もちろんヒゲもこげ茶色になっていました。

なのに、8月31日の朝に驚愕しました。
何者かがすべての実を取り去っていきました。


動物が食い荒らしたように見えますが
(茎についたまま食い散らかしたように)
よく見ると、実だけをポキッと折り取ったような
箇所もあるし、実を包むあの幅広い皮(葉)が
ほとんど見当たりません。

不思議なのは、以前に強風で株が倒伏した時
茎でなく実を支柱に結びつけてしまった
箇所があったのですが
その実は、真ん中からポキッと折られて
いたのです。その株は倒伏していませんでした。
トウモロコシの実を真ん中から
折るのはかなり力が要ります。

動物がよじ登って実にぶら下がり
ポキッと折れたにしては
違和感があります。株が
倒伏していそうなものですが…。

実を食べたカラが
3本まとめておいてあったり
明らかに皮はむいてあったり。

動物の仕業のようでもあるし
人間のようでもあるし…。
謎です。
corn1.JPG
corn2.JPG
corn3.JPG

医院の診察予約はネットで

私は、自身、病気がちで
自慢でも何でもありませんが
しょっちゅう医療機関の
お世話になっています。

喉が痛いので某医院に
行こうと思い、なにげに
ホームページを開くと
ネットで予約してから
来院ください、と
書いてあります。

これって普通なのですか?
結構、驚きました。初めて、こんな。
電話では予約できないそうです。

慌てて必要事項を入力すると
あなたの、本日の順番は「38番」で
ただ今17番まで診療しています
と表示されました。

え~っと、何時に行けばいいの?
事態がよくのみこめないまま
30分待って、再びページを見ると
31番まで進んだ、とのこと。

自宅を出て
10分ほどで医院に到着し
受付窓口で健康保険証を
提出するよう言われて
忘れてきたことに気づきました。

受付の事務員のかたが
「保険証は、必要なので
家に戻ってくださいますか?
診察まで1時間半ほど
かかりますので。
」とのこと。

私はこの時流に乗り切れていない
のでしょう。当日、予約入力した
患者さんのほかに
前日までに時間指定した
患者さんもいるようなのです。

番号が迫ったからと言って
すぐ見てもらえるように
思い込んでいたなんて…。

勉強になりましたー。
いや、まだよくわかっていませんが。

失われた時を求めて

20世紀の問題小説といえば
「失われた時を求めて」
フランスのプルーストの作です。

有名なこの作品の名前にあこがれて
鈴木道彦氏の抄訳を読んだのは
数十年前ですかね。これはよくできた
翻訳でしたねー。何とか終わりまで
読めたと思います。けど読み返すのはムリ。

「アルべルチーヌさんは
お発ちになりました。」
主人公は同居する女性が
出て行ったことにあわてて
これから、彼女の欲しがっていた
ロールスロイスを注文しに行く
時間があるだろうか?と考えたり。

今、本が手元にないので
上記のようなシーンがあったかな~?と
思い出す程度です。
間違っていたら失礼!

で、フランス人の漫画家が
小説をビジュアル化したコミック版を
制作した、ということを知り
何年か躊躇し、とうとう、注文して
この本を買いました。

あれっ、なんだかどこかで
見たことあるなぁ…。この服装とか室内の
描写は。

19世紀のパリの富裕な階級が
都市生活を享受する、これって
画家カイユボットの絵画みたい。

2013年に「カイユボット展」を
東京で見ましたが、
なんだか似ています。

検索してみると、カイユボットと
プルーストを並べて論じる
ホームページなんかも発見したので
同じような思考回路の
ひとっているんだー、と感心しました。

以前にネット上の書評で
見たのですが「この時代にこの髪型は
ありえないと速攻読むのをやめた」、
という方のコメントがおもしろかったので
もう一度読もうと探しましたが
ないんですよね、もう。

こんな近代フランスの生活様式を
考証する能力のある
日本人っているんですねー。

内容については、まあ、読んだ方の
それぞれだと思いますが(笑)
ゲルマント夫人の背後から
イメージが広がるシーンは
あまり自分の想像と一致してなかったので
ありゃーってかんじですかねー。

今度はまだパラっとめくった程度ですが…、
プチットマドレーヌのところはさすが
この本の核心でしょうね。
失われた時を求めて フランスコミック版 スワン家のほうへ スワン家のほうへ [ マルセル・プルースト ] - 楽天ブックス
失われた時を求めて フランスコミック版 スワン家のほうへ スワン家のほうへ [ マルセル・プルースト ] - 楽天ブックス

日韓関係これ以上

韓国の元徴用工の方々に関する訴訟の結果や
日本の半導体原料の輸出に関する規制、
などなど、日韓関係がエスカレート
する一方です。

わたしも以前からこうした問題を
なんとか知ろうとして本も見てみました。
「植民地朝鮮の日本人」(岩波新書)
「日本統治下の朝鮮」(岩波新書)等。

父のことを思い出します。

父が子供のころに覚えたのか、半島出身者を
からかうような、揶揄するような
わらべ歌みたいなものとか
ダジャレを、思い出してはしゃべっていました。
当時は多くの人々の間に、このような
言葉遊びが知られていたのかもしれません。

今さっき検索したら、父が言っていたのと
同じ文言がたくさん出てきました。
有名なものだったんだ~。

祖母のことも思い出します。

祖母がお大師様に手を引かれ
遠い世界に旅立った時
野辺送りの列の先頭に立ったのは
なんと在日朝鮮人の女性でした。
この方は親族でもなんでもないのですが。

自宅の裏手に廃屋があり、なぜか
「金さんち」と呼びならわして
いたのですが、第二次大戦後、
住むところに困っていた朝鮮人家族を
実際に住まわせていた、という
事情があったらしいのです。

そのことに恩義を感じていた
金さん(?)が、祖母のことを
聞いて、お悔みに来た…。

私は子供だったし、その金さんを
実際に見たのは一度きりで
詳しいことはわからずじまい
でしたが、まぁ今思えば
祖母の意外な一面でしょうね。

対抗策の応酬がエスカレートしていくのは
もう、いい加減、…。
0

スティングのコンサート行きたい

数年前、勤務先で大規模な修繕工事があり
業務応援ということで、他の部署の人員が
数名派遣されてきました。

中の一人の若い男性が「ポリス」の画像が
プリントされたTシャツを着ていました。

ポリスと言えば昔のロック音楽のスター。

私は思いきって話しかけてみました。

「そのTシャツはポリスですよね。
昔コンサートに行ったことがあるんです。
懐かしいなと思って。」

その男性は宇宙人でも見るような眼で
私を一瞥すると「はぁ?」とひとこと。
とんだ赤っ恥でした。面識のない人に
話しかけちゃダメですね。
その男性はポリスなんて知った
こっちゃない…、だったのでしょう。

むかしむかし、ポリスのコンサートに
行ったことがあって。まだ子供だったころ。(笑)
当時、学校にALTの先生が勤務していて
コンサートに行ったというと
「ジェラシー!」と言われました。

英語というのは多分に人工的で
無機質な印象でしたが
そういう言葉が英国人の先生の口から
出て来て少し驚いたのを覚えています。

いや、当時ポリスの演奏を聴いて
メンバーを直接見て
どうだったかというのを
悲しいくらい思い出せないのです。

ただ、元ポリスのメンバー、スティングが
10月にコンサートツアーで
来てくれるのを知って無性に
行きたくなりました。

でも高額ですよね、チケットが。(笑)
〇トーカー的な
「見つめていたい」とか
異星人いや、異邦人の
「イングリッシュマンインニューヨーク」
じゃなくて「ウォーキングオンザムーン」や
「孤独のメッセージ」のほうが
いいですね~。

ストレイキャッツ、40、を聞きました!

ストレイキャッツ「40」は
やっと買いました。
聞いてみて最初の印象は「ウ~ン?
どの曲も同じみたい?」

特に最初の数曲が「荒っぽ」すぎます。(笑)
ブライアンのおじさんっぽいだみ声、
どこかで聞いたことのある
ギターのフレーズが連発。

ロカビリーはブライアンが様々演奏して
新しいフレーズを生み出すというより
よくあるフレーズの
使いまわしのようになっているのかなぁ。(笑)

ネットで見ても「最高」と言う評価と
「捨て曲」という評価があるようです。

全体的に彼らの代名詞のロカビリーでなく
ビートルズへの尊敬を捧げる
という楽曲のように聞こえましたが
私は音楽の理論的なことはわからないので
あくまで素人のざっくりしたイメージです。

リーのボーカル(?)はよかったですね。
声がいいしきれい。
ボーナストラックが手をたたいて
喜ぶような出来で、うれしかったです。

40年たってもこのエネルギーですから
聞いているうちに、耳に馴染んできて
まぁ悪くないやー、という
印象に変わってきたかな。(笑)

ミーンピッキンママってホントは
どういう意味ですかね~。
俗語はわかりようがないです。
あの「あの娘はルイジアナママ」みたいな
ママなんですかね。
(ルイジアナママってアメリカ人は
知らないらしいです。(笑))
stray.JPG
0

NHKから国民を守らなくっても…。


NHKから国民を守る党、という
団体ですが…。
あまり聞いたことなかった…。

私は選挙妨害をするつもりでは
ないのです‼。。。でもね。

私はNHKラジオをよく聞いている
稀有な人間です。珍しいヤツです。
NHKラジオはこれからも聞きたいし
TVのNHKニュースも見ることが多いです。

NHKラジオからまじめなアナウンサーの
声で、これから、N国党の政見放送を
お送りしますとか、何かのニュースのつど
この党の名を連呼するのですよね。

何だか、へん。

NHKの放送からこの党の名を言うのは…。
だってへんなんだもん。(笑)

この党が、ホルムズ海峡のタンカーや
韓国の半導体の生産について
どう考えているか知りたいです。
0

トウモロコシ老化苗②

以前このブログでトウモロコシの
老化苗を植えて失敗、という
話題を投稿しました。

トウモロコシ苗は播種から
開花までの日数がおおよそ決まっているので
販売店の店頭で、日数を経ると
いたずらに無為な日数を浪費して
(小さな鉢に肥料分はありませんよね。)
植え付けてから開花までの
日数が短くなってしまう、
したがって成長は見込めない、
のだそうです。

上記はいろいろネット上の記事を見て
寄せ集めた情報で
真偽のほどは不明ですが……
どうやらそのとおりでした。

草丈30センチほどで頂点の雄花が開花し
続いて雌花が2個も、白いひげを
伸ばしてきました。
これはいけないと思って
片方の雌花をかき取ろうとしたら
茎がポキっと、途中で折れてしまいました。
折れた個所をよく見ると
何かの幼虫が喰い込んでいました。
……折れて当然の状況でした。
まぁ素人ですからね。
これで一つ覚えたわけで。
がっかりですねー。

NEC_0004.JPG
0

商業捕鯨の再開で食べてみた

しばらく前に
仙台市の水族館へ行ったのですが
「イルカショー」を開催していて
違和感を持ちました。

野生生物のイルカを捕獲して
芸を教えて見世物にするのは
いかがなものか、という
世界的な流れがあると
きいたことがあったからです。

私自身も欧米の価値観に
染まって来たんですね。

さて、商業捕鯨が再開されたという
ニュースを聞いて
試しにクジラのベーコンというものを
スーパーで買ってみました。

店員さんにきいたところ
そのまま食べるとおいいしい
とのことでしたが
軽くフライパンで加熱して
食べてみました。

意外なことにちょっと生臭いし
ゴムを噛んでいるように
噛み応えがありすぎて
あまり、わぁっ♪おいしいっ♪とは
いきませんでした。(笑)

味はまぁ良かったけど
こんな感じだったかなぁ?

身内の年寄りが言うには
第二次大戦中にクジラの味噌漬け
という食品が出回っていて
弁当のおかずにすると
それはおいしかったとのこと。


牛肉やチキンは食べてよくて
クジラはかわいそう、という
欧米の価値観。
イルカショーもかわいそう?

クジラ漁は日本の伝統的食文化
という歴史観。

明治時代以降に捕鯨船や
銛を発射する装置が導入される前は
クジラって一般のひとびとが
普通に食べていたのでしょうか。

色々分からない点もあるし
もっとよく知りたいと思いました。


0

フリオ・イグレシアス

大好きなフリオを聞きながら…

というテレビからの音声を聞いて

あぁあの俳優さんは、フリオが好きだったなぁ

などと思い出していました。


その後、ネットを見ると

「フリオとは何ぞや?」という記事を見つけて

びっくりしました。

そうか、むかしむかしの歌手ですからねー。

知る人ぞ知る、という存在になって。


世界的に有名な歌手で

「バイラモス」などという歌は

日本でもカバーされたので…

おっと、それは息子さんの

エンリケ・イグレシアスでした。



フリオ・イグレシアスさんといえば

「タンゴ」。

アルバム買いました、むかし。

「淡き光に」が特にいいなぁ。

「アディオス・パンパ・ミア」

雄大な草原が目の前に広がりますよー!


レアルマドリードでサッカー選手してたのに

弁護士資格も取って

歌手でも大成功。

こんな多面的な人っているんですかねー。


0

トウモロコシの老化苗は

先日、トウモロコシの種をまきましたが
一足先に苗も買って植えたのです。
実は、畑仕事はまったくの素人です。

2019年6月2日、トウモロコシ苗を4本買って
すぐに畑に植えたのですが
つい先日の6月20日ごろまで
まったく成長せず、葉も買った時と同じ
黄色いままでした。
というのは、販売店に相当長いこと
売れ残っていた品で、
葉が黄色くなっていたのです。

家庭菜園経験者の方は
ここまで読んで、ページ替えたでしょうね。

畑に植えたことは植えましたが
特に土づくりや元肥は何も
なしです。アバウトでしたね。
この辺はツッコミどころ(笑)。

素人というのは怖いもの知らずで
こんな苗でも植えれば成長すると
思っていたのですが
ネットで見ると「老化苗」というらしく
成長は期待できないのだそうです。


ショックが大きかったですが(笑)
気を取り直して、緩効性化成肥料を購入し
20センチほどの穴を株の周囲に掘って
肥料を埋めて埋め戻し
土寄せみたいなことをやってみました。♪

まだ草丈30センチほどなのに
もう花穂が上がって来つつあります。
私のイメージのトウモロコシとは
相当違っていますが。。。。
単純に食べたいっ!

まぁ、何が起きるか見てみよう…
というのは某大統領が
Twitterによく書くセリフ。
期待せずに見てみましょう。

画像
0

クリプトビオシス

数日前、テレビ番組で「大賀ハス」を
取り上げていました。

2,000年前の地層から
ハスの種子が出て来て
それを播種したところ、成長して
花が咲くに至ったそうです。

2,000年前の遺跡から出た
種子は、普通、化石のように、
大昔の姿かたちを残していても
枯れていると考えるのが自然でしょう。

しかし種子の中心部では
ほんのわずかな生命活動(?)が
維持されてきたのですよね。
2,000年もの間、種子の
内部では生命の灯があった…。
こういうのを「クリプトビオシス」
というらしいです。

昨日、トウモロコシの種をまきました。
家庭菜園です。
この種だって、大賀ハスに負けない
「クリプトビオシス」です。
乾燥してしわしわの種子の内部には
宇宙の生命(?)が宿って。

トウモロコシは収穫後、急激に
甘みがなくなってしまうので
収穫直後の糖度20度を味わうためには
家庭菜園が最適だそうです。
いえ、遅すぎませんよ、(笑)
だって絵袋には6月下旬までまけると
明示されているので。(笑)

トウモロコシは実は意外な謎めいた
植物なんだとか。
地球上、どこにも「原種」が存在しない
そうです。テオシントという植物が
遺伝的には近いが、見た目があまり
似ていないのだそうです。
宇宙人が持ってきたという
説も楽しいですね。


タピオカはキャッサバ芋から

最近、タピオカって言葉をよく
聞きます。

タピオカってあまりよくないイメージでした。

で、そのイメージはどこから来たか
いろいろ、昔の雑誌などを読み返すと
あっありました!

BISESビズ、2006年冬号に
橋本克彦氏の文章がありました。

「天国と地獄の芋キャッサバ」

タピオカはキャッサバというイモから
つくられるものらしいです。

熱帯雨林を切り開く=熱帯雨林の伐採

→開けたところで焼き畑農業を展開

→焼き畑農業には普通、肥料を施さない

→肥料分がなくなって、やせ地に強い
 キャッサバが植えられる

→キャッサバは肥料分を吸収する能力が
 たかく、ますます土地が荒廃する

→キャッサバのあとは、もう、作物が
 育たない…。

上記のような要旨でした。

もちろん、私は、今、はやりの
タピオカが、どのように
生産されているのか、わかりません。

でも、キャッサバが肥料のほどこされた
肥沃な農地で生産されていると
信じたいですよね。
熱帯雨林の伐採なんて…ね。


 
農が壊れる われらの心もまた
講談社
橋本 克彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


禅ローズ・真宙

以前、薔薇の貴公子、大野耕生さんの
講習会を聞きに行ったことがあります。
最前列でお声をお聞きし
美しいご尊顔を拝し
後日、彼イチ押しの品種
「ローズ・ドゥ・ポンパドール」を買いました。

しかし。購入して1か月ほどで
急に枯れてしまいました。

「湘南ヴェルデ」というペチュニアも
買ってから全く成長せず
1か月ほどで、無念の結果に。
衝動買いしたわけでなく
どうしても欲しくて買ったの
でしたが。

画像



















今までは、何がいけなかったのかー。

自己流ではなく、ちゃんと、市販の
〇○植物専用培養土に植え付けているので
用土がいけなかったとは思いません。

しかし、買ってすぐ、植え替えたことが
原因の一つではないかと思い…。

懲りずに今年、「禅ローズ」シリーズの
「真宙(まそら)」を通販で購入しました。
前々から見かけてあこがれていました。

今回は、そのまま、植え替えず、
様子を見ていました。

しかし、ガ~ン、やはり、2か月ほどで
急速に、葉の縁から枯れて来て
見る影もない姿にやつれてしまいました。

ヘンだな、とは思っていました。
新芽が伸びては来ましたが
つまようじのような細い茎の
枝ばかり。

黒星病ではありません。
強いて言えば根が傷んだ模様。
開花はしたんですよ、いちおう。

2019年6月8日。
画像
















2019年5月23日。
画像

ガーデニングの妖精

あるストーリー。

とあるナーセリー(園芸植物の生産農場)では
「菊」の花を専門にしていました。

併設されたガーデンショップでは
まだ、世間になかったような
珍奇な色彩と大輪の菊が
消費者を驚愕させ、そして大喜びさせ
猛烈に売り上げを伸ばしていました。

ところが菊を買い求めた一般のお客さんは
次の年の開花期に、がっかりしてしまうのです。
あれだけ華やかだった菊の苗から
なんだかつまらない花しか咲かない…。
で、また、そのショップに出向いてしまう。
 
それもそのはず、ガーデンショップを
経営していたのはなんと人間でなく
「菊の妖精」だったのです。(笑)

中国の作家、蒲松齢氏(1640-1715)の短編小説集
「聊斎志異」のなかの「黄英」という作品です。

いま手元にないのだけれど
こんな話だったのではないかと思います。
もちろん、物語は意外な展開になり
菊の妖精も正体がばれて…。
太宰治の「清貧譚」という作品にもなっている?
はずです。

この話は好きです。ガーデニングって
昔の人も愛好してたんですよね。

「ガーデニングの妖精」という設定は
なにか現代的で、開花の妙技が
妖精の魔法というのも、あやかりたい
とおもわせます。

最近、この私を、「ガーデニングの妖精」と
呼んだ奇特な人がいたのですよ。爆笑ですね。
おおいなる皮肉ってやつかな~。(笑)

酒飲んで語らいあうって最高だよね

先日、居酒屋で仲間内の飲み会がありました。
中でもA子さんは大変な喜びようで
「この居酒屋の飲み会が楽しみでぇ~。
何と五日間も『酒断ち』したのよ~♪。」との
ことでした。

みんな笑い話と思ったようでしたが
わたしは、笑えませんでした。

A子さんは朝、スッキリ目覚めるためには
前の日の午後から酒を飲むのだそうです。

この世界では、酒を飲むということが
広く許容されています。
酒を飲む人は寛容に扱われます。

以前私は、月謝を払って「習い事」を
していました。
お師匠さんは地元の名士でもあって
市民イベントの企画運営や
文化活動を様々手掛け
活発に人々と関わる方でした。

何かの時に
私が、酒は飲まないと言うと
お師匠さんは驚きあきれ

「はぁ?酒を飲んで語らいあうって
人生最大の楽しみだよね?
それをしないだなんて…!」


「何が楽しくて生きてるの?」

う~ん、確かに私の生活に夜の交遊はないので
言われたことは真実ですが
一抹の反抗心のようなものを感じ
それ以降、酒は一滴も飲んでいません。(笑)
アルコールって危険な面もあると
思うんですがねー。





アルコール依存症から抜け出す本/樋口進【1000円以上送料無料】
bookfan 2号店 楽天市場店
著者樋口進(監修)出版社講談社発行年月2018年08月ISBN9784065121900ページ数98


楽天市場



日本軍兵士を読んで

北方領土に関して
「戦争をして取り戻すのはどうか」と
発言した国会議員(?)があったそうですが…。

「日本軍兵士」という最近の本を
読んで言っているのか?

読んでいるわけないよなぁ。
吉田裕著、中央公論新社

この本の38ページを正視できる人が
日本人の中にいるのか。

戦争栄養失調症にかかり
衰弱しきった兵士のスケッチ。
私は正視できませんでした。

こんなに恐怖を催す本は
あの「はだしのゲン」以来です。

戦争をして領土を取り戻すのだ
などと勇ましいことは
血気盛んな男子の言いだしそうなことですが
ただの兵隊の一兵卒として
戦場に送り込まれたら
いや、輸送船が目的地に着く前に
こんなことに巻き込まれたら…。
詳しくは本書48ページを
読めばわかりますが。こんなことが…。

最近読んだ本
「ルソン戦線、最後の生還兵」と
「日本軍兵士」を合わせて読めば
最前線の兵隊がどんな目にあったか
少しは理解できます。

あまりにお粗末な装備、健康状態など
お考慮しない人員の管理体制、
補給路(兵站)無視…。

勇ましいことを言う男子に
ぜひ読んで欲しいのです。

無題

上皇陛下がおっしゃっていた
「象徴としての務めを…」というお言葉。

私のごときに、御心が
分かるわけもないのですが…。

「あなたは象徴としての務めを果たさなくては
いけません。」との憲法上のお立場。
ただ敬服するしかない、強靭なご意思で
公務に臨まれて。

もしかして、御年のお若いころ
「プロのテニスに選手になりたい。」とか
「海洋生物学者になりたい。」と…
思召す瞬間があったとしたら。

この御方に、象徴としての務めを……。

「健康油」が寿命を縮める

雑誌「AERA」食べてはいけない油、特集号
買いました。2019.4.29号

うーん、けっこう頭の中が「?」マークで
いっぱいになりました。

類似の話題を扱った本
「そのサラダ油が脳と体を壊してる」山嶋哲盛著
を、先に、読んでいたからです。

山嶋氏の著書では「ヒドロキシノネナール」という
物質が、熱せられたサラダ油から発生するが
それは強力な有毒物質であるというような
記述があります。

どのページにもその物質を敵視する内容が
散見されるほど、繰り返しやり玉に挙げられています。

しかしAERAにはその単語が全く
登場しません。
全く別の物質が悪の権化になっています。

山嶋氏の著作が出てから4年ほどで
科学の知見がガラリと変わってしまったという
ことにすぎないのでしょう。それにしても…。

油を抽出する物質でも名称に齟齬があります。
「ノルマルヘキサン」と「ヘキサン」
化学薬品の名称が簡単に変更されるのでしょうか。

山嶋氏の著作で絶賛されていた「こめ油」を
愛用していた私には衝撃的な内容も…。

こめ油はその他大勢に分類されているではありませんか。
オリーブ油などの(中略)はすべて食用に不向きです。えっ???

誰かこれらの点をわたくしにもわかるよう
詳しく解説してください。無理だっつーの。(笑)






【中古】 そのサラダ油が脳と体を壊してる 百年賢脳・健康法PARTI/山嶋哲盛(著者) 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
山嶋哲盛(著者)販売会社/発売会社:ダイナミックセラーズ出版/ 発売年月日:2014/06/01JA


楽天市場





AERA 2019.4.29-5.6【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
<p>※このコンテンツはカラーのページを含みます。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨し


楽天市場



0